大阪教区若道会(月例)
若道会は、にをいがけ・おたすけを志すようぼくお互いが、熱意と楽しみをもって勇ませ合う集まりで、さまざまな立場の人が参加している?
戦後大阪の地で食べる物も事欠く中で苦労している布教師に対し、当時の教区長が?自腹を切ってでも布教師に昼食を振る舞いたい?と、
月に一度、大阪教務支庁で?単独布教師の集い?がもたれた。その後、さらなる充実・強化が図られ、布教体験を語り合い、談じ合い、実際に布
教の指導を行って布教意欲を昂揚させ、旺盛なる布教活動を展開していかんものと、昭和28年?布教師の集い?として正式に大阪教区に誕生し
た?その4年後には会名が公募され、?若道会?と名付けられた。結成以来60年余、?若道会?から多くの教会長を輩出。その働きはに
をいがけ・おたすけにとどまらず、助産所の炊事ひのきしん、教務支庁の清掃ひのきしん、その他行事の手伝い等、大阪の礎となって今日まで
活動を進めている。現在、毎月9日に布教実動、27日に例会。それ以外にも管内の各所で布教活動に励んでいる。
さらなる勇みを互いに育みませんか。どなたでもお気軽にご参加ください。

●実動/毎月9日 午前:教区月次祭参拝
午後:若道会練り合い講話・実動
●例会/毎月27日 午前:講話 
午後:相談(少人数による練り合い・感話)



●担当/浅野、山本、竹川、福西、伊藤、野田

どなたでも参加できます。
布教での様々な悩みや信仰上の悩みなど実働や感話を通して解決して勇んだ心になることができます。
どうぞ、お気軽にご参加ください。



9月27日大阪教区若道会総会 風景
教務支庁にて 9時〜13時
秋晴れの晴天のご守護を頂き、参加者数333名の参加者のご守護を頂き盛大に開催されました。
記念講話として、木下修一郎先生のすばらしい講話を頂き、明日からの布教に元気と勇気を頂きました。